menu

No.10

Brand_
sabie
Name_
Yuki Hanada & Chieko Hanada
Work_
Ceramic Artist
Profile_
Yuki Hanada & Chieko Hanada
<錆枝>2016年7月より陶器の制作、金継ぎ修理のアトリエとしてスタート。(福岡市南区)花田勇樹:陶器のベースに漆を仕上げとして用いた「陶胎漆器」や鉄器、土器の様な質感に拘った器を主に制作。金継ぎ修理も担当。花田智枝子:日常に寄りそう生活に身近な器をテーマに制作。

作り手と使い手、双方が満足できるものを作っていきたい。

1


_Sabieの名前の由来を教えてください。

「錆」という単語は、陶芸での「錆絵付け」、漆芸での「錆漆」、と両方ともにある共通用語で、錆びて行く様、侘び寂びの錆、等も表し、2人が好む感じに丁度良かった事と、アルファベット表記でも漢字表記でもどちらともに字体にした時に良かった事。 元々、智枝子が「Studio potter koeda」という名で作家活動をしていたので、その時の「枝」を「絵」と変えて「錆枝 sabie」としました。


_お二人、それぞれの陶芸との出会いは?

勇樹:祖父が焼き物が趣味で集めており、父も趣味で陶芸をしていました。そんな中で小学生の頃に漠然といつか陶芸をやりたい、という思いがありました。20代の頃に料理人の仕事をしていた事もきっかけかもしれません。 時間を作り、陶芸教室に通い始めた事で家内と出会い、生活の中に当たり前に陶芸がある環境になりました。それから「錆枝 sabie」としてアトリエを構え、それを生業にすることになるとは夢にも思っていませんでした (笑)

智枝子:料理関係の仕事をしていた姉の周りには陶芸家さん達がいらっしゃり、漠然と姉の作る料理を盛り付ける器を作りたい、と思うようになり陶芸を学べる学校へ進学した事がきっかけです。

2


_創作のインスピレーションはどこから。

勇樹:自然、古物、朽ちてゆく物、歴史、車、バイク、音楽。

智枝子:植物、自然、古物、器に盛り付ける料理を思い浮かべて。

4


_創作活動の中で、どんな時が最もうれしいですか。

勇樹:自分の想像を超えて焼き上がった時。壊れた器が壊れる前より魅力を増して修復出来た時。気に入って使ってる、という言葉をもらった時です。

智枝子:作品を通して様々なご縁や出会いを頂いた時が嬉しいです。 _これからの創作に込める想いについて。 作り手と使い手、双方が満足できるものを作っていけたら、と思います。これからも陶芸を続けていけるように頑張ります。

3


_Shinzoneのお客さまへ一言。

福岡でヒソヒソと陶器を制作しています、「錆枝 sabie」の花田勇樹と花田智枝子です。
この度、とても良いご縁をいただき、shinzone様でご紹介いただける運びとなりました。沢山の方に見ていただけたら嬉しく思います。

−錆枝−

〒815-0082 福岡市南区大楠3-16-3 栄荘201
※金継ぎの受付 水曜日〜日曜日
PM13:00〜PM18:00(close. 月曜日)
tel_070-1072-6393
mail_sabieatelier@gmail.com
https://www.atelier-sabie.jp/


あるリンゴのオーナメントに目を奪われたのは2017年夏のこと。 早速調べて、sabieの花田さんにホームページからお問い合わせをして、その2週間後には福岡に飛びました。 sabieさんのアトリエを訪ねると、穏やかな花田ご夫妻が出迎えてくださいました。とても丁寧に仕事に向きあう姿勢や考え方にとても刺激を頂きました。 その後は、1日がかりで福岡をご主人が案内してくれお人柄のあたたかさに触れ、ますますsabieのファンになりました。 日々の生活の中に手作りのものがあることで生まれる「潤い」があると思います。 勇樹さんは金継ぎもされており、ものを大事に使うことを大切にされています。作る作品は、手間を惜しまずとことん時間をかける。 智恵子さんの作るリンゴのオーナメントに触れると、なんとも言えないぬくもりを感じます。 ぜひ皆様にも、手に取っていただけたら嬉しいです。 (Shinzoneクリエィティブディレクター 染谷)


NEWS_THE-HAND-MADE

3月9日(金)より3月17日(土)までの毎週金曜日&土曜日、sabieをはじめとする、ずっと使いたいと思うような作り手の想いを肌で感じる事の出来るアイテムを集めたエキシビション「THE HAND MADE 〜「ずっと使えるいいもの展」〜」をTHE WEEKENDER by Shinzoneにて開催します。ぜひ、この機会にご来場くださいませ。

 

<THE HAND MADE 〜「ずっと使えるいいもの展」〜>

http://www.shinzone.com/14029/