menu

No.11

Brand_
MEYAME
Name_
Yusuke Someya & Megumi Someya
Work_
MEYAME designer
Profile_
Yusuke Someya & Megumi Someya
染谷めぐみ、染谷裕亮の2人が2018年秋冬シーズンからスタートした東京のレディースブランド。コンセプトは 「ずっと手元に残しておきたい服」。
instagram:@meyame_official

コンセプトは「ずっと手元に残しておきたい服」

AREA


_ブランド名の由来を教えてください。

名前に関連したブランド名にしたいと最初から決めていました。 この先何度も口にする言葉になるので音の響きとリズムを、そして何度も見るものになるので視覚的なリズムも大事に考えた結果、「染谷めぐみ」の途中をとり「MEYAME」になりました。


_ブランドを立ち上げたきっかけは?

2人とも10年以上Shinzoneで貴重な経験をさせてもらい、新たなチャレンジをと思いました。ブランドを立ち上げ洋服以外をやることは考えられず自然な流れでした。


MEYAME_01

発色の良いナイロンのリップストップ生地に、高級感のあるフェイクレザーを合わせたBRIGHTシリーズです。ハンドルを巻いてサイズ調整ができます。スタイリングのポイントカラーにおすすめで、LARGEサイズは男性の方も持ちやすいサイズ感です。(裕亮)


_インスピレーションの源は何ですか?

あまり考えたことがなかったのですが、やはり今まで着てきた服と見てきた服の影響が大きいのではないか思います。 その他には写真集や洋書は時代を問わずよく読みますし、映画も同じです。古着屋さんを回るのも大好きです。 好きなことや気になったことを自分たちの頭の中に手当たり次第放り込んで意識せずに放っておくと、あるときいい具合に発酵されてアイデアとして出てきてくれる気がします。ジョギングをしているときにふと思いつくこともあります。

MEYAME_02

13〜14年着ているPRADAのコートです。袖口など擦り切れてきていますが、まだまだ現役です。僕の中で、まさにコンセプトの「ずっと手元に残しておきたい服」を体現している一着です。(裕亮)


MEYAME_03

ファッション、インテリア、アートの写真集や洋書は時代を問わずよく読みます。(めぐみ)



_ものづくりで大切にしていることはありますか?

「ずっと手元に残しておきたい服」というコンセプトを大切にしています。
何年か後に着ても違和感のないデザイン、質のいい素材、着心地がよく身体をきれいに見せてくれるパターン、そしてどこか少し色気を感じてもらえるようにと思いつくっています。「ありそうでない」というフレーズも会話によく出てきます。

MEYAME_04

履き込んでいくうちに経年変化を楽しんでいただける肉厚なゴートスエードを用いたRECTANGLE SKIRTです。スリットからチラリと見えるチロリアンテープの感じが気に入ってます。(めぐみ)


_今後の展望は?

一番はコンセプトを大事にしながらブランドを長く続けていくことです。具体的には展示会ごとに新しい挑戦をしていきたいです。 今は19年秋冬の企画をしていますが、はじめてシューズを作ろうと思っています。ずっと手元に残しておきたい靴を作ることが出来そうで今からワクワクしています。 このような形で徐々に出来ることを増やしながら規模ではなく、中身の濃いブランドになっていきたいと思ってます。


_Shinzoneのお客さまへ一言。

在籍していたときもMEYAMEをはじめてからもいつもありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。



−MEYAME−

https://www.meyame.jp/



MEYAME「OBLONG NECK RIB PO」シリーズにShinzone別注カラー「RED」&「BROWN」が登場!12月1日よりShinzone全店にて発売いたします。WEB STOREでは先行発売しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

MEYAME_05


−WEB STORE by Shinzone−

https://shinzone.shop-pro.jp/?pid=137508592



年明けには、MEYAME「MANY POKETS PARKER」をリサイズしたShinzone別注モデルを発売予定です。
詳しくは当オフィシャルサイトおよびSNSにてご案内させていただきます。

MEYAME_06