menu
How to be a gentle woman

by Shinzone Creative Director

明日から出張

急遽、先週決めた出張。

28日から6泊8日で出張です。

まずロスに1泊だけ、そのあと機内で1泊して、4泊ニューヨーク。

暖かいロスから極寒のニューヨーク。

考えるだけでシビレます(笑)

そして、思いっきり風邪を引いてしまっているという状況。ふぅー治らない。

人生初のニンニク注射も試してみたりして。

なんでそこまでして、出張に行くのか?

それは動くことで、何か面白い事、楽しい事が、大体見つかると信じているからです。

(過去に空振りで帰ってきた出張もありますが)

何かアクションを起こす事が、重要だと信じています。

思考は限られたスペースにいたら、限られてしまうし、視野も狭まります。

今回の出張の目的は、人に会う事です。

買い付けに行く出張ももちろん大切なのですが、人に会う事でひらめきやアディアが現実になっていきます。

だからこそ、アクションを。

動物は寒くなってくると動きが鈍くなるものだそうですが、であればこそ寒い時期こそ活動的になり、精力的に動き回りたいと思います。

みなさんも、寒さをお洒落で楽しみながら、体調に気をつけてお過ごしください。

 

 

僕なりのMORRIS KITCHENのおいしい飲み方

Shinzoneにも入荷したブルックリンのMORRIS KITCHEN。

まずは、グラスにお好みでシロップを注いで、氷を入れてソーダを入れて飲んでみて下さい。

これが一番シロップそのものを楽しめる飲み方。

仕事から帰ってきて、お酒は飲みたくないけどさっぱりしたいときに飲むと最高にリフレッシュします。

僕はこのジンジャーが一番気に入っています。

 

いつものスターバックスラテに、シロップを入れてもコクがでてめちゃくちゃ旨くなります。

(べつにどんなラテでもOK)

オフィスに置いておいて、いつものラテにちょい足しするのもおすすめ。

ちょっとした事なんだけど、何だか贅沢な気持ちになります。

Shinzoneのスタイルはニューヨーク、東海岸と伝えていますが、こういうカルチャーに近いものもお店でお伝えしていきたいと考えています。

ニューヨークからは次々と新しい事が生まれます。

僕たちもこのパワーを見習わないと。

 

モリスのシロップ、ちょっとしたギフトにも喜ばれると思います。

表参道店、丸の内店、札幌店にて発売中です。

味見も出来るので、ぜひお立ち寄り下さい!

 

 

 

 

 

この週末は丸の内へ

イルミネーションが美しい丸の内。

昨日から丸の内カード対象の5倍ポイントアップキャンペーンがスタートしました。

アウターなど欲しかった大物アイテムを狙うには良いタイミングです。

丸の内カードをお持ちだと、駐車場も1地時間無料になります。

スターバックス片手に、ぷらぷら歩きながらのショッピングも楽しいですね。

この週末はぜひ丸の内に出かけてみて下さい。

 

古き良き東京

古き良き東京。

今日は朝から浅草に、シューズの打ち合わせに出かけていました。

靴工場の社長さんに、打合せの後お茶でもしようと誘って頂き、向かったのがアンヂュラス。

古き良き時代の、喫茶店。

僕は初めてう伺いましたが、こういう喫茶店大好きです。

しばし社長のお話に聞き入り、店内の写真は撮り忘れてしまいました。

社長がお土産に持たせてくれた、昔ながらのお菓子。

こういう懐かしい感じの包装も好き。

 

あまーいですが、美味しい。

浅草すごく楽しい街です。

とくに食べ物はうまいものばかり。

平日にお休みが取れたら、久しぶりに浅草めぐりしたい。

 

Standard 50 #12 new balance 2040&990

new balanceのフラッグシップの2040。

見た目はゴツゴツしていて、そんなにですが、肝心の履き心地は雲の上です。

テンピュールの上を歩いているかのようなクッション性。

先代を履きつぶしてしまったので、これで2代目。

ただし女子にはそんなにウケが良くない。

「その靴どうしたんですか?山でも行くんですか?」と勘違いされてしまうようなルックス。

まぁそんなのは気にせず、履き心地に魅了されたらこればっかりになってしまいます。

(2040はメンズサイズのみの展開です)

もっとオーセンティックなNBが良い方にはこちら、990。

いつものNBらしいグレーの990。

こちらも履き心地抜群。ものすごく良いです。

2040はハイテクすぎるという方にお勧め。

 (こちらはレディースのサイズ展開あります。)

 

今、ニューバランスとても人気がありますね。

2012年~2013年は、この素晴らしい履き心地に多くの方が魅了されたのだと思います。

もちろん流行っているからと履いている人もいると思います。

でも、一度履いたら止められない履き心地。

いずれ一過性のブームは落ち着くと思います。

その時もShinzoneでは、スタイルに必要なモノとして流行り廃り関係なく、提案し続けていきます。

 

 

 

 

 

私的に思うこと

Shinzoneとはあまり関係ない話になってしまい申し訳ないのですが、個人的に思うことを今日は書きたいと思います。

先日、JIL SANDERさんの3度目の辞任が報道されました。

僕が高校生くらいのときにJIL SANDERのメンズがデビューしたことを鮮明に覚えています。

ライトグレーやネイビーの上質なフランネルのジャケットなど、控えめでいて上質、これこそ男のための洋服。

「ノーブルここに極まり」、とんでもなくかっこいいコレクションを連発してしていました。

当時は、プラダのメンズやマルタンマルジェラのメンズもスタートし、メンズのモードブランドが最高にクールでした。

当時の僕には当然買えるような金額ではなく、雑誌のハイファッションなどを眺めて強い憧れを抱いていました。

ときには買えないけどお店に突撃して、ウロウロする。っていうすごく迷惑な若者でした。(笑)

バイト代を握りしめて、セールでシャツを購入したことが懐かしいです。

僕は、モードブランドが作るベーシックなアイテムが大好きです。コレクションで発表される奇抜なものではなく、あくまでベーシックなもの。

メンズの洋服は大体デザインが決まっています。

だからこそベーシックなアイテムを、モードブランドがブラッシュアップするとこんなにもカッコよくなるんだと常にワクワクしてお店を見ています。

その最たるデザイナーが「JIL SANDER」だったと思います。

JILさん本人が再びブランドに戻りディレクションしていくことにとても期待していたので、今回の辞任がとても残念でした。

クリエイションとビジネスの狭間で、何かがあったんだろうと思います。

JILさんのスピリッツが継承されて、今後も素敵なブランドであってほしいなと願います。

久しぶりにJIL SANDERの洋服に袖を通してみてふっと思ったことでした。

 

 

 グレーフランネルに、スタンスミス。

 

Shinzoneらしいダウンのかたち

ダウンをShinzoneらしくつくると???

こうなりました!

メンズのスーツ地のフランネルを使用した、メンズライクなダウンに仕上がりました。

Shinzoneらしいダウンを作りたいと考えていて、このデザインに辿りつきました。

着丈もヒップが隠れて暖かい。

ネイビーと、グレーの2色展開。

価格は59,850yen。

ボリューミーなファーもGOOD。

元ネタはこのShinzone定番のN3-B。

こちらも、相も変わらずおススメ。

 

Standard 50 #11

お久しぶりのStandard50。

#11はG-SHOCK。

日本が誇るべき、プロダクツだと思います。

久しぶりに欲しくなって、買ってみました。

特にこのモデルが欲しかった訳ではなく、お店でつけてみてこれが一番しっくりきたのでこのモデルに。

頑丈で、見やすくて、買い易い価格。

全てにおいて合理的。

機械式時計とは違う本当の男っぽいカッコよさがあります。

男にとって時計はロマンに近いものがあると思います。

その中で究極の1本って難しい。

使うシーンによって違うから、3本くらいは必要だと思う。

その中の一つにデジタルが1本は必要。

だからG-SHOCKをおススメします。

着こなしとしては、上質なカシミアのセーターとかと合わせて使いたいですね。

もちろんプールやゲレンデなどレジャーでもガシガシ。

クリスマスプレゼントにどうでしょうか???

 

Archive