menu
How to be a gentle woman

by Shinzone Creative Director

あす発売!

あす発売になります!

unnamed (1)

やっぱりこのマーク!久しぶりのコラボレーション。

スタンダード阿久戸さん、ありがとうございます!

女子にこそ取り入れていただきたいオーセンティックワードローブ。

写真 1 (9)

フードとパンツの2型のご用意です。

全店にて発売になります。

お楽しみに。

 

 

旬のスポーツテイストを取り入れて!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツテイストを取り入れるのは、ライン入りのパンツがおススメです。

シルエットは細身で、綺麗に履くことが出来ます。

 

写真 3-2

 

ライダースに合わせるのカッコいいですね。

 

写真 1-2

スソにファスナーが付いていて、ピタっと履けるのでヒールにも良く合います。

難しそうと思う方も多いと思いますが、こういうものほど試着しちゃうのが大事です。

 

もう一つカッコいいのが、TシャツとVネックニットのスタイリング。

写真 4-2

TシャツとVネック、カッコいいです。

ぜひこれも試して欲しいスタイルです。

ライダース、Tシャツ、Vネックニットのようなスタンダードアイテムに、一つスポーツを絡ませる。

こんなスタイルがShinzoneの提案です。

 

 

 

おいしいパン

とてもおいしいパン屋さん

写真 (62)

もう10年以上まえに、洋服業界からパン作りの世界に飛び込んだ店主。

自分よりすこし年上の彼は、取引先のニットメーカーから、まったく違う業種のパンの世界に飛び込んで10年修行をしてきました。

10年間も修行を続けるだけでも、ほんとにすごい。

彼と親しいわけでもなく、取引先時代にすこしお話をしたくらいです。

しかし、ものすごく穏やかな人柄と相反するような大胆な転身の仕方に驚いたことを覚えています。

その後も人を介して様子を聞く度に、すごいなーと感じていました。

10年修行を経て、独立したのが今年の6月。

店名が表すような、人柄の店主が作るパンはどれもおいしい。

なんにも妥協せずに、ただ美味しいパンを作る一念。

思い入れもあって美味しく感じるのかもしれませんが、どれたべてもおいしいです。

お店は埼玉県新座市野火止1-6-2にあります。

 

丁寧にものづくりに取り組む姿勢、見習わなきゃいけないと思います。

 

 

 

 

 

ノームコアについて

みなさん、ノームコアってご存知でしょうか?

ノーマルとハードコアを合わせた言葉で、「究極の普通」という意味だそうです。

ニューヨークが発信源のようです。

僕はこのノームコアというものは、シンプルでクリーンな装いで十分ということが世界的に定着しつつあるではないかと考えています。

自分のスタイルを持っている人ほど、このノームコアということを、自然に以前から体現していたはずです。

適当なものを着ていて普通で良いということではないと思います。

自分のスタイルに必要なものを見極めて、いつもその人らしいトーンを保っていることがカッコいい。

Shinzoneが提案したいことにまさにぴったりな概念です。

 

 

 

 

Shinzone Socks Pop Up Shop Open 10月10日スタート!

Shinzone新宿ルミネ店のお店の前のスペースにて、ソックスのポップアップショップを10月10日から11月4日まで行います。

SOCKS_POPUP_PRESS

イメージまででですが、ポップアップショップが出来上がります!

どうしてソックスのポップアップショップを、行うのか?

スタイリングにプラスソックスをするだけで、ガラッと印象が変わります。

でも気の利いたソックスを探すと、案外ないという事実。

ソックス屋さんには無い、ありそうでないソックス。

スタイリングに必要なソックスを作るという目線で、素材選びから作っています。

そんなソックスを集積して、雑貨もあわせてPOP UPショップをオープンしますので、ぜひ遊びにいらしてください。

またどんなソックスが入荷するかは、後日アップいたします!

 

 

 

 

 

プレゼント

昨日、誕生日でございました。

会社に夜戻ると、みんなが待ってくれており、お祝いをしてくれました。

そんな中、ギフトを開けてみると。

M&M?

unnamed (1)

おぉーM&Mですか~、とさらっとリアクションすると、みんなからよく見て~と。

おや?

写真 1 (8)

おやおや?

unnamed

ME?!

アメリカでしか手に入らないようで、バイヤー岡崎が手配してくれました。

みんな忙しいのに、わざわざこんなことまで準備してもらって、恐縮。

何よりも嬉しいプレゼントで、みんなの気持ちはプライスレス。

恵まれた環境で仕事をさせてもらい、感謝です。

ありがたい=有難い。

あることがむずかしい。

当たり前ではない、日頃のみんなの支えに、こころから感謝。

 

 

バブアーのモダンスタイル

バブアーって、ともするとモッさくなる。

でも、スタイリングで全然新しく映るから新鮮。

image (20)

秋ですね。

こんなヘッドアクセサリーをプラスすると、グッとバブアーもモダンになる。

 

 

写真 (61)

 

ニューヨークのジェニファーオーレットのものです。

ぜひ、店頭で試してみてください。

 

 

 

本当にうつくしいブーツ

繝輔Λ繧、繝、繝シ逕ィ蛻・j謚懊″逕サ蜒・SANDERS

ジャコメッティのブーツ

こんなに上質なロングブーツはなかなかありません。

 

僕は、将来「タニノクリスチー」の乗馬ブーツを取り扱いたいと考えていました。

最上の乗馬ブーツがそれだと信じていたからです。

しかし時代の波に飲まれ、惜しまれながらタニノは儚く散ってしまいました。

もうあのブーツをお店で提案することも出来ないんだ、と思うと本当に残念で仕方がありませんでした。

 

でもめぐり合わせがあるんですね、このジャコメッティのブーツを作る職人さんが、なんとタニノのブーツを作っている方だと知りました。

これこそ執念の出会いです。(笑

買い付けなきゃ、無粋。

ちょっとやそっとじゃ作れない、本当の職人技。

カーフの素材も最高クラス。

もちろん高いです。でも真に価値のあるブーツ。

だから、とてもバリューだと信じています。

表参道店にブラックが入荷しています。

店頭に出ていないこともあるので、その時はスタッフにお申し付けください。

究極のコンサバティブなスタイルにマストなアイテムです。

 

ジョッパーズも今とても気分。

これも最高のクオリティ。

 

 

 

 

 

 

 

今度こそ!

前回入荷分は瞬く間に売れてしまったBACHのバックパック。

繝輔Λ繧、繝、繝シ逕ィ蛻・j謚懊″逕サ蜒・BACH

メンズのリュックなのですが、女性が背負うのにちょうどいい絶妙な大きさ。

そしてレディースのお店では、扱っていないこともShinzoneで提案する価値がある。

細かいことは抜きにして、まぁかっこいいリュックです。

今月、または来月には再入荷しますので、前回買えなかったみなさま、今度こそ手に入れてください!

 

 

 

コーチ

昨日の日経新聞を読んでいたら一面に。

unnamed (1)

惜しくも破れてしまいましたが、錦織選手の雰囲気が今までと変わっていることに興味がありました。

芯が太くなったような、逞しさのような。

錦織選手とマイケル チャンコーチとのことに触れていました。

コーチの力は絶大だなと、改めて感じます。

コーチとは?

馬車を意味する、「COACH」という言葉から、大切な人をその人が望むところまで送り届けるという意味が派生したことが由来のようです。

馬車の運転は訓練が必要であることから「訓練」という意味も生じたようです。

今回、結果は優勝ではなかったが、明らかに彼は強くなっていると確信できるものがあります。

 

人生においてもコーチのような存在に出会えるかが、とても重要だと思います。

メンターと呼ぶほうが正しいかもしれません。

何事も最終的には自分自身で判断する必要がありますが、正しい判断をするために相談出来る人がいることは何にも代え難いものだと思います。

ともすれば自分を含め、楽な方に流れてしまったり、利己的になってしまうのが常だと思います。

そんな慢心した想いを諭してくれたりするのもメンターだと思います。

落ち込んだ時に、気持ちを鼓舞してくれることもあります。

ではそんな、かけがえのない存在に出会うためには!?

自分から、その人の扉を叩く必要があると思います。

しかし、その扉は閉ざされていて自分に開けることは難しいと多くの方が感じ行動にうつさないようです。

僕が知る限り、そういう方に限ってノックすれば扉を開けてくれると感じます。

相手がどう反応するかを勝手に予想してしまう人が、とても多いということだと思います。

「忙しくて相手にしてくれないだろうな~」とか。でもそれはその人が決めることなので、自分で決めるべきことではありません。

相手にしてくれなかった時に、自分がヘコみたくないから行動しないということだと思います。

でも冷静に考えればそれで失うものは何もないわけで、ノックしたほうが良いわけです。

飛び込む勇気、大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Archive