menu
How to be a gentle woman

by Shinzone Creative Director

Vintage Hermes Levis Cartier 表参道に入荷

IMG_1474

3つともベストコンディション!

 

デニムもたんまりあります。

ジャストで履けるサイズばかりだから、ぴったりを探している方には

IMG_1480

 

Vintageは出会いです。

IMG_1483

 

 

追記

カルティエのタンクも豊富にあります!

手頃な価格で購入いただける良質なものを揃えています。

こちらはお店で見てみてください!

買い付け道具

お店を始めた頃は、買い付けの写真をポラロイドで撮っていました。

IMG_1333

重いポラのフィルムを何個も海外に持っていくのは大変でした。

でも、雰囲気が良く撮れるポラが気に入っており、デジカメが普及しはじめても暫く使っていました。

すぐ見れるってのもいんですよね。

その後、利便性に負けて、デジカメへ。

そこでもこだわり、リコーのGRデジタルを初代から使い始め、2、3、と使ってきました。

かっこいいプロダクツだから、持つ喜びや使うたびに満足感があるのですが、買い付けには不向きで、なんか起動スピードが遅い。

というわけで今はi phone6 plusを使っています。

とんでもなく綺麗に写ります。

ポラからデジカメ、からの携帯カメラ。

時代は移りゆくものですね。

 

 

 

 

 

 

 

日曜日からサッポロ

北海道、サッポロのみなさま。

今週、日曜日から札幌に参ります。!

IMG_0527

6月29日月曜日は、お店を閉めての、改装作業!

6月30日には、劇的ビフォーアフターで、新しいスタートになります!

今、いろんな準備をしていますが、早く現場で作業したくてウズウズしております。

よりサロンのようにくつろいで頂けて、お仕事帰りや、お子さん連れでも、リラックスしてショッピングして頂けるようにしてまいります。

 

なお、29日月曜日はお店がお休みですので、ご注意ください!

 

 

すてる勇気

お店づくりや、洋服作りなどクリエイティブな作業ののかなで、ある種の「すてる」という勇気を求められる場合があります。

例えば有楽町のお店を作るにあたり、大きな柱が区画の内側にあって、区画まるまるすべて使おうとすると、気持ちの良い四角いスペースを実現することができませんでした。よくよく考え、その柱より内側にお店を作ることにしました。

確かに数字上のスペースは小さくなります。

しかし自分の経験から、お店が出来上がってからの体感的な広さは向上すると感じるものがありました。

そのシュミレーションのために、自分たちで模型をつくり検証を重ねて決断しましたが、結果はお店が出来上がるまでわかりません。

しかしながら、完成して想像以上の広さと効果を得ることに成功し、「すてる」ことによって、より大きなものを得た瞬間でした。

IMG_0624

 

目的を明確にすることで、シンプルに決断することが出来るようになります。

「何を伝えたいのか?」これに尽きます。

シンプル イズ ベストとは本当にその通りです。

しかしそうは分かっていてもいろんな事情でシンプルになれなかったりする。

だからこそブレない意志の強さとか、もう最終的には根性とかになってきたりするんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

文章を書くこと

ブログを書き始めて結構な月日がたちます。

自分の考えや、伝えたいことを、多くの方に届けることが出来ることから日々続けてきました。

もともと本や雑誌を読むことがとても好きで、「文章を書く」ということに、とても興味があります。

僕の目標のひとつに、「本」を出したいというものがあります。

ファッションを通して、読んでくれた人の日々に潤いが生まれるような、そんな「本」です。

そんな本が書けるように、自分自身がもっと成長しなければと思う今日このごろです。

 

追記

雑誌の端っこで連載とかを、どなたか僕に書かせてくれませんでしょうか?

もしオファーしてくださる際はこちらからお願いします。

https://www.shinzone.com/contact/

 

IMG_1323

 

 

 

 

 

 

デザイナーのみなさん必見!

表参道店にて、ビンテージフェアを行っています。

今回はドレスが中心のセレクト。

IMG_1218

 

1920年代のレースなど、デザイナーのみなさん必見モノを放出しています。

資料としても非常に価値の高い、レースやプリントがたくさんあるので、ぜひ見てみてください。

もう100年くらい前のモノが、こうしてお店に並んでいるわけです。

当時の、手間を惜しまない仕事に感服。

ぜひご覧下さい。(しかもかなりお値打ちプライスです)

 

僕は洋服屋さんや、これから洋服屋さんになる学生の方の刺激になるモノをお店に忍ばせておくことが好きです。

それはお店を始めたころから変わらないことです。

バレンシアガの120万円のパッチワークベストなんかもそうです。(覚えているかたいるかな?)

 

話がそれましたが、価値あるビンテージたち。

何はともあれ触れてみてください!

 

 

 

 

美しいバック Maison Thomas

メイド イン フランスの美しいバック。

MAISON THOMAS

IMG_1195

デニムにあう上品なカジュアルにぴったりのバック。

素晴らしいレザーを使用していて、あのエルメスも同じレザーを使用しています。

ステッチも素晴らしく。

IMG_1200

美しい技術で規律あるステッチワークを、ブラウンに上品なオレンジで。

IMG_1201

ボルドーにはブルー。

 

IMG_1202

中も非常に使いやすいカタチ。

このバックはエイジングも素晴らしく、使っていくとこんなに美しくなります。

Porte_Moi_3ansdage

三年間使うとこんなに美しくエイジングします。

まるで北欧家具の、ボーエモーエンセンのスパニッシュチェアのような美しさとでも言えばいいのか。

デニムと同じように、使い込む程、かっこよくなる名品。

購入するときは、高い買い物かもしれないけど、使用する年数と所有する喜びを考えると、価格以上の価値があると思います。

とにかくこんなに良いと思うバックに久しぶりに出会ったうれしさのご報告でした。

本日よりお店に並んでおります。

 

 

 

 

大阪店にて秋冬受注会です!

関西のみなさまへ

明日11日から21日まで大阪店にて、秋冬の先行受注会を行います。

一足先に、インポート商材やTHE SHINZONEのインポート商材をご覧頂ける機会です。

新作がたくさん揃っておりますので、ぜひ足を運んでみてください。

sin_5623

この新型ファティークシャツは、一枚あるととっても便利な羽織なので、オススメの一枚です。

sin_6011

 

このネルシャツガウンも、Tシャツに羽織るだけでかっこいい一枚です。

雰囲気のあるスタイルを約束します。

 

sin_5870

今回の秋冬の中で、個人的にとても気に入っているシリーズ。

デニムの切り替えシリーズ。

 

sin_6899

 

このスカートもTシャツと合わせて、今から冬まで着ていただけるアイテムです。

 

sin_6636

このガウンニットもクール。

 

本当は、大阪に行って、皆さんに直接お伝えしたいものばかりです。

ぜひ、この機会にたくさん試着したり、秋冬買い物計画を楽しんでください!

 

 

 

原点

表参道店オープン初日に撮った写真。

右は設計を担当してくださった西田氏。

自宅の引越しを考えており、写真を整理していたらポロッと出てきました。

IMG_0980

 

当時20歳。若いですね。

今、思うと赤面ものの「生意気の塊」のような感じだったと。

サロンのような空間を作るべく、常識無視でキッチンがお店にあったり、特大のフィッティングだったり、ありったけの情熱を注ぎ込んで完成したお店。

何も怖いものもなく、荒削りな自信と熱意だけでスタートしました。

ここから全てがスタートしました。

周りの大人10人中9人は、このお店が失敗すると思っていたと思います。

無謀だと。

自分でも途中で「無理かもっ」て思うことしばしば。

でも10人のうち、一人は必ず応援してくれた。

諦めなければ、必ずその一人にめぐり合うことができた。

そんな方々のおかげで、今日があると感謝しています。

 

来年で15年を迎えるにあたり、新しい挑戦を考えています。

今までもチャレンジの連続で、失敗数しれず。

実を結んだことのほうが少ないのが事実です。

それでも、次の時代を見据えて、チャレンジをし続けていく。

みんなが「それは難しい」と思うことにこそ価値があると信じています。

 

新しい挑戦、楽しみにしていてください!

 

 

 

 

 

 

 

Martin Margiela

早くも2016年春夏最初のMartin Margielaの展示会に。

今回の展示会では、非常にクリーンでエレガントな大人のワードローブといった印象を受けました。

写真の花が象徴しているようです。

IMG_0877

マルタンマルジェラを、なぜセレクトしているか。

一つにベーシックなアイテムにほどよくヒネリを加えたデザインが、デニムや古着のジーンズと相性が良いことが挙げられます。

もともと古着のリメイクをモードに提案しているマルジェラのムードが、「デニムにあう上品なカジュアル」というShinozoneのコンセプトに合致することも大きな所以です。

いつもながら丁寧にプレゼンテーションしてくれるものも、マルジェラへの理解が深まり、展示会に行く楽しみの一つです。

 

自分自身も好きで、よく着ています。

ジーンズにTシャツ、マルジェラのカーディガンに、スニーカー。

こんなのがマイベーシックです。

アバンギャルドなイメージの強い、マルジェラですが、Shinzoneは定番として着れるマルジェラをセレクトしています。

ぜひ手に取ってみてください。

(表参道店にかっこいいシャツなんかが入荷しています)

 

 

 

 

 

 

Archive