menu
How to be a gentle woman

by Shinzone Creative Director

15years

感慨深いような、そうでないような3月22日。

15年前の今日も穏やかな日だったことを少し思い出しました。

今日でShinzoneをスタートして15年が経ったわけであります!

あの日の写真があるんですが、なんとも言えない表情をしています。

期待、不安、ワクワク、嬉しい、やってやるぜの意気込みのような、なんとも言えない表情。

そんなスタートからはあまり何周年というのを強く意識したことはなく、今日までやってきたなというのが実感だったりします。

自分の中では20年やり続けたいと、いつしか思うようになりました。

だから今日も20年に向けての1日なわけです。

続けることの難しさを感じながらも、続けることをサポートしてくれる人たちのおかげで、いつもと変わらない今日を穏やかに迎えることが出来ました。

本当に有難いことです。

20歳でスタートして、20年後は40歳。まだまだ、若僧。

今年は年男で、なんか無性にワクワクしてたりします。

明日からの16年目を、まっさらな気持ちで迎え楽しいことをたくさん考えたいと思います。

それでは、一杯乾杯して。

 

 

 

THE WEEKENDERをはじめて思うこと

ようやく雨が上がり晴れやかな空が広がりました。

雨で空気もきれいになって、それだけで気分がいいですね。

2月5日からスタートしたTHE WEEKENDERについて、今日は書きたいと思います。

FullSizeRender-2

なにしろ店名の通り、金曜日と土曜日の午後しかお店を開けていないので、のんびりやっているやっています。僕も朝のそうじをしたり、お茶を入れたり、手紙を書いたり、一号店をオープンしたときと思い出しながらお店でみなさまもお迎えする楽しさを感じています。

今月は展示会の準備のため、先週の週末までで一旦お休みになります。

また4月の8日9日の金曜日、土曜日から再開します。

こんなペースでやっていますが、今メンテナンス中の、レアなロレックスなどが入荷してきたり、ここででしか出会えない一品を準備しています。

何よりも、お越しいただいてお話してお茶を飲んで帰ってもらえたらそれだけでも良いと考えています。

気軽にお越しいただけたらうれしいです。

心よりお待ちしています。

 

 

 

 

 

軽やかであることが、春のはじまり

三月になると、春物への気持ちがいっそうたかまり、まだ肌寒くても軽やかなものが身に付けたくなるもの。

そんな春の軽やかさを代表するようなアイテムを2つご紹介いたします。

FullSizeRender

スプリングトレンチコートは、ゆったりとしたシルエットで一重で軽い羽織心地です。

僕はネイビーが好きです。

そしてビビットな赤のラップスカート。

これはGジャンに羽織ってもいいし、一枚あるとすごーく着回しのきくアイテム。

一雨ごとに、春へと近づくこの季節。

わくわくしますね。

 

今、来週の3月10日から始まる、LUMINE CARD 10%OFFキャンペーンに向けて店頭にて欲しいアイテムをキープできます。ぜひ活用してみてください。

 

 

 

 

ゆとり

ニューヨークからロスへ移動し、すこし足を伸ばしてパームスプリングスへ。

IMG_4708

 

もう笑ってしまうくらいバタバタしていた2015年。

2016年は、いろんなインプットする一年にしたいと考えています。

ニューヨークでもロスでも、行くたびに吸収できるものが山のようにあります。

インプットするにも何をするにも、余白、ゆとりが必要です。

パームスプリングスでの束の間は、まさに余白そのもの。

真夏には暑すぎて行けないので、この時期がベスト。

 

この「ゆとり」は旅や特別なことだけではなく、日常の中での何かでも得ることができます。

むしろ毎日の日常の方が大事かもしれません。

自分だけの「ゆとり」のもち方。

 

「暖炉の前でうたた寝」これが僕の考える究極の憧れのゆとりの作り方。

いつか叶えたいとおもっています。

 

 

 

 

 

 

 

Archive