menu
How to be a gentle woman

by Shinzone Creative Director

Standard 50 #21

 Standard 50 #21

 

FullSizeRender

Tradio Pulaman

まずネーミングがダサい。

プラマン、プラスチック万年筆の略ですね。

 

でも書き心地は抜群で、芯も買い替えが可能な優れもの。

とにかく、アイディアをまとめるのに、書き出す作業が多いので、ペンにはこだわりたい。

高い万年筆もいいけど、これは軽くて気楽く。安いのに、書き味が最高。

パソコンで書き出す事もあるけど、アイディアをまとめるときは手書き。

手紙もこれで書きます。

 

書き出す事で、いろんなことが整理できます。

思考を整理するには、書き出すという行為は欠かせません。

なにか悩んだりすることがあったら、真っ白い紙にどんどん書き出していくと、答えにたどり着きます。

 

プラマン!

隠れた名品だと思います!

 

 

 

 

Archive