menu
How to be a gentle woman

by Shinzone Creative Director

Preloved(プレラブド)誕生秘話

Prelovedのビビッドなステッカーはどこに貼っても目立つ、ブライトオレンジ。

パソコンやいろんなものに貼っています。(先日リュックを落としてしまい、PCの左ハジが凹んでいるのが気になる。。。)

 

2017年11月末に青山の骨董通りのビルの4階にオープンしたPreloved。

Shinzoneがオープン致しました、ヴィンテージショップです。

Shinzoneはずーっと古着を取り扱ってきました、その中で培ってきたノウハウを活かしヴィンテージショップをいつかオープンしたいと考えていました。

大きなお店より、小さくて濃いお店を作りたいというプランもここで実現することが出来ました。

お店が小さいと、お客様との間合いも必然的に近くなります。

「サロンのようなヴィンテージショップ」がイメージです。

内装も、どこかの国のどこかのお店ぽいとかではなく、Prelovedという新しい空気を生み出すことを心がけました。

洋服をデザインするときに、古着を参考にして作ることが多く、Prelovedのお店自体が僕たちにとっての図書館のような存在だったりもします。

今は作ることが困難なレース刺繍や、シャレの効いたプリントTシャツまで、まるで宝箱のような場所です。

僕たちにとっては、当たり前の存在の古着やヴィンテージも、古着屋さんに行ったことがなかったり、中には苦手と思われる方も多いと思います。

事実、僕自身が綺麗な古着じゃないと嫌なので、この気持ちがとてもよく理解できます。

だからこそ、僕たちが古着屋さんをはじめる意義が大いにあると考えています。

清潔な店内で、いい香りがして、フィッティングが大きくて試着しやすくて、ドアはいつもオープンで暖簾が掛かってる気軽さだけど、ミントコンディションのエルメスのコンスタンスやケリーが買えたり、チャンピオンのスエットが買えたり。

こんなお店が骨董通りにあったらいいのに!という想いからPrelovedは生まれました。

6月21日から5日間、新宿、有楽町、札幌の4店舗でこのPrelovedのPOP UP STOREを行います。この機会にぜひお気軽にPrelovedの世界観に触れていただだけたら幸いです。

骨董通りのPrelovedでは、ロンドン スーベニアが入荷していますので、こちらも合わせて足を運んでいただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節の変わり目の買い物術

とうとうこの季節がやって来てしまった。

「梅雨」

気分転換に傘を新調してみたり(届くのが楽しみ)しても蒸し暑かったり、着るものに悩んだり、買い物も何を買ったらいいのか悩む時期。

世間ではSALEが始まったりしていて、お店も中途半端だったりする。

洋服はいっぱいあるはずなのに着る物がない!WHY?

まずはいつもブログに書く通り、クロゼットの整理から始めましょう。

要らないもの処分して、スッキリしたのに、なぜか着るものに困らなくなるから不思議です。クローゼット整理をすることで、スタイリングの整理整頓が出来るからなのかもしれません。

そして、ここまでやったら、僕の買い物術はのキーワードはズバリ!

「永く着られるもの」「ヘビロテするもの」「定番」「新作」です!

「永く着られてヘビロテするもの」は費用対効果が大きいわけで、買い物した後の満足感が違います。

「定番」は、いつも必要なものだから買い物の後の安心感が違います。

そして「新作」は、やっぱり出来立てホヤホヤを買ったほうが絶対いいです。僕もデザイナーズブランドは立ち上がりにチェックして、いいなと思うものは、その時に買います。

こんな時期こそ、お店の在り方として定番と新作コレクションをきちんと店頭に並べることが大事だと僕は常々思っている。

Shinzoneでは、新作デニムが続々入荷しています。

 

このジーンズは少しだけ裾にフレアが効いていて、ボーダーとビーチサンダルと合わせるのこの上なく可愛いジーンズです。

手に持っているのは、こちらも新作のミリタリーパース。

元々は軍モノのデッドストックの骨壷バックとして古着屋さんなんかで人気があるものですが、骨壷のラベルはちょっと嫌なので、ラベルも一から作り、「冒険の思い出入れ」みたいな内容で書き換えています。

素材もShinzoneのコートの生地などを作っていただいてるところの上質なウールを使用しているので、長く使ってもらえるはずです。

ちょっとしたお出かけに嬉しいサイズのバックです!

そして本日6月15日発売になります「IVY JEANS」!

ベイカーパンツのように、カジュアルでも綺麗な感じで穿いていただけるジーンズを作りたくて考えた新作のデニムです。

シルエットがとっても綺麗なので、気分上がると思います!

お手入れについて。

リジット(未加工のデニム生地)なので、最初の状態をキープしたければなるべくドライクリーニングがオススメです。ノリをしっかりつけてセンタープレスをパシッとつけて仕上げてくださいと注文するのがいいと思います。

もちろんデニム生地なので洗えるのですが、水洗いすれば当然縮みます。ウェストと股下が少しずつ縮みます。そこを踏まえてしばらく穿いてからご家庭で洗濯して、ご自分でアイロンをかけても大丈夫です。

リジットデニムの良さは、上品に見える点です。

ぜひワードローブに加えてほしいジーンズです。

 

何か買いたいなと考えている皆さん。

まずは、クローゼットを整理してみましょう。

意外と、服をたくさん持っていて驚くはずです。

今持っているものを、活用しながら新しいものをミックスしていくことこそがご自身のスタイルを作ることに繋がっていくと思います。

ぜひ、梅雨時期もファッションを楽しんでカラッと行きましょう!

 

 

 

 

ニューシーズンスタート!

太陽のまぶしい季節にぴったりなニューコレクションが本日から登場します!

オリジナルプリントのヴィンテージライクなワンピースや、新作デニムのGreenwich(グリニッチ)など楽しいスタイルをお約束します!

梅雨に入ってしまったけど、心はカラッと行きましょう!

シンプル

今日から6月が始まりました。

いよいよ梅雨が間近に、こんな時期だからこそ気分はカラッと行きたいものです。

カラッと爽やかな気分でいるために、

僕なりに心がけている事を今日はお伝えします。

 

僕は直感を信じています。

そして、なんでもシンプルに考えるように心がけています。

そのシンプルな直感を実現するために、たくさんの方が色々なことを緻密に担ってくれている事に感謝しています。

こんな心構えで日々を過ごしています。

 

もう一つ大事にしているのは、何でもいいから一日一回「爆笑」する事。

バカ話でもいいし、テレビでも良いし、漫画でも何でも良いから、とにかく腹の底から笑う。

写真は「ひょうげもの」という漫画で、戦国時代にも「笑い」を大切にしていた古田織部正(ふるたおりべのかみ)を主人公にした大好きな漫画です。

なにか困った時こそ、「一笑」。

この精神がいつでも、心をカラッとさせてくれると僕は思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Archive