menu
How to be a gentle woman

by Shinzone Creative Director

簡単シューズラックDIY

玄関が散らかるのに耐えかねて、子供達でも簡単にポンと置けるようなシューズラックを作ろうと思い立ってDIYすることに。

お店づくりも色々自分たちでやっているので、ホームセンターとかで木材を買ってDIYしたりするのは元来好きなんだと思います。

久しぶりに作るので楽しみ。

まずは、玄関に設置する場所の採寸。

参考までに我が家は

幅78cm 高さ90cm 棚板は一番下の奥行きが29cm 真ん中が26cm 一番上が23cm(棚板の幅は脚の厚み分マイナスして70cm)

これはあくまでの我が家の寸法なので、ご自宅のサイズに合わせて調整してください。

木材は脚は2×4を使用し、棚板はラワンベニヤかシナベニヤの厚み16mmから20mmのものが良いと思います。

 

トゲが刺さらないように、軽くエッジにヤスリをかけ。

紙やすりは120番から240番くらいでささーっとで良いと思います。本当はもっと丁寧にやった方が仕上がりは綺麗だとおもうのですが、今回はあくまで簡単、楽チンに重視して。

ヤスったら、ペンキを塗ってもいいし、このまま木材の素地の色でも良いし、ステインを塗ったりしても良いと思います。

ここはお好みで。

僕はアイボリーのペンキを塗ることに。

床にダンボールで養生して、軽く2度塗り。

ペンキがよく乾くように1日おいて乾かします。

乾いたら

金具の取り付け。

パシフィックファニチャーのでラダーシェルフ用の親切なものが売っているのでこれを買います。

これは優れもので、最初から角度がついた脚先と、10度の角度がついた棚板受けになっています。

超便利。

ペンキのムラが近くでみると。。。。。

 

 

脚先と棚板受けは脚に先につけてしまいます。

棚板の高さの間隔は置く靴の高さに合わせてアレンジすると良いと思います。

電動ドライバーがあったら瞬殺なのですが、ドライバーでも十分できます。

力が入りやすいように、ゴムがついた軍手とかあると良いと思います。

 

さて、いよいよ最終工程。

棚板の取り付けは置く場所に実際置いて、壁に棚板がそうように付けていきます。

 

こんな感じで壁にあわせて

ここまできたらもう完成!

9足が綺麗に収まる感じです。

ステッカー貼ったりしてカスタムしても良いですね。

靴だなは別にあるのですが、玄関が散らからないようにするための簡単シューズラック。

リビングに置いて、観葉植物や本棚とかにもできると思うので、よかったらぜひ試してみてください。

スパイスカレー

ゴールデンウィークは超簡単スパイスカレーでも作ってみます。

材料 4人前

スパイスカレー用

ターメリック 小さじ1

クミン シード 小さじ1

コリアンダー 小さじ1

辛くしたい場合はレッドペッパー 小さじ1

(レッドペッパー僕は入れないです)

玉ねぎ 一つ あらみじん切り

トマト 一つ あらみじん切り

鶏肉 400g

プレーンヨーグルト 100g

にんにく 大さじ1 チューブでオッケー

ショウガ 大さじ2 チューブでオッケー

高濃度カカオチョコ 一欠片

塩 小さじ1

油 大さじ3

水 200cc

———-

お手軽ターメリックライス

お米 2合

ターメリック 小さじ1

バター 10グラム

 

お米と水を入れたらターメリックを入れて混ぜ混ぜ

そしたらバターをポン

バターを入れたら、30分ほど寝かせます

その間にカレー作り

(カレーの写真は4人前より多い量で作っているので悪しからず)

フライパンに油を熱しクミンを炒めます

強火でパチパチ音が鳴るまで炒めます

3分くらいで音がし始めたら玉ねぎ投入

 

茶色になるまで強火で炒めます

8分くらいかな

玉ねぎ茶色くなってきたら、中火にしてニンニクとショウガを投入して馴染ませる。

ニンニクの香りがたったらトマトを投入

 

トマトのカタチが無くなるまで強火で炒めます。

 

ここまできたらいよいよスパイス投入

ターメリックとコリアンダーと塩を投入

 

スパイスをよく馴染ませて水分を飛ばします。

そしたら鶏肉とヨーグルトを投入

強火で鶏肉に火がある程度通ったら、水を入れて10分くらい弱火でコトコト。

ここでビターな高濃度カカオのチョコをほんの一欠片、隠し味に。

味が馴染んで水気が飛んだら完成!

ターメリックライスは30分ほど馴染ませてから炊き始めて、炊いてる間にカレーは完成状態で味を落ち着かせてから食べるとより美味しいですし、多めに作って翌日食べても最高です。

薬膳ぽい感じで、食べると元気になる気がして気に入っています。

全てスーパーで手に入る材料なので気軽に試してみてください。

 

Archive

Archive